thyme4 thyme2 thyme1 thyme3 thyme5

庭のクリーピングタイムを蒸留しました!美白のワイルドタイムエキスって?

庭のクリーピングタイムが咲き始めました!タイムは種類が多く、自然に自生しているクリーピングタイムを指して、ワイルドタイムと呼ぶそうです。このワイルドタイムのエキスが、化粧品などに美白成分として添加されているのだとか!?蒸留しながら少し調べてみましたよ。... Read More
aroma4 aroma1 IMG_20210418_083700_8 aroma3

水仙ウォーターでアロマリードディフューザー作りにチャレンジ

先日蒸留したナルシスジョンキルのフローラルウォーター(別名芳香蒸留水・ハイドロゾル・ハーブウォーターなど)の香りが、良い感じに落ち着いてきました。やはり蒸留法では繊細な香水のような香りは抽出出来ませんでしたが、リモネンの甘酸っぱい香りがメインなのかなぁ?といった爽やかな甘さになりました。... Read More
kutibenisuisen1 kutibenisuisen1-1 nioisuisen1 kutibenisuisen1-2 jonquil1 IMG_20210410_083828_2

精油になるのは…キズイセン(ジョンキル)とクチベニスイセン(ナルシス)

希少な精油の原材料となるキズイセン(ジョンキル)とクチベニスイセン(ナルシス)が、花数は少ないですが、わが家にもきっちり植わっていたとは!!嬉しい限りです。満を期して!?芳香蒸留でフローラルウォーター作りにチャレンジ!... Read More
suisen suisen1 suisen2 suisen4 suisen5

スイセンは毒!だけど…精油は実は高級品らしい!?

やっと使えそうな花が庭に咲きました。スイセン(水仙)です。毎年春休み頃に咲くんです。山菜の季節には誤食のニュースが伝えられることも多い有毒植物なので、また利用は無理かな?と思っていたのですが、調べてみたら精油(エッセンシャルオイル)は高級品のようです。... Read More
mallow3 mallow2 mallow5 nemarucha mallow4

ブルーマロウのハーブティ。家で淹れても青にならないのはなぜ?

ハーブ講座でいただいた「マロウ」のハーブ。ブルーマロウというだけあって、ネットなどで検索すると、最初は鮮やかなブルーになるようです。青色から徐々に紫になり、レモン汁を入れるとピンクに変わる。想像しただけで素敵なハーブティーですね!そう理想を思い描いて、実際に淹れてみると…... Read More
hukinoto1 hukinoto2 hukinoto3 hukinoto4 hukinotou5

ふき味噌はピザも、おすすめ。〝こだわり〟のふきの、ふきのとうが顔を出しました!

ふき味噌は〝下ゆでして作る派〟です。早春の山菜には、冬の間にたまった老廃物を流してくれる作用があります。冬眠から目覚めてデトックス!身も心もシャキッと目覚めて、活動を始める季節ですよ〜!という気分にさせる... Read More
snowdrop snowdrop-1

庭のスノードロップも咲きました!こちらも毒があるんですって。

ヒガンバナ科だそうで、こちらも毒性があるのだとか。アルカノイドで体内に入ると下痢や嘔吐・めまいなどの症状が出るそうです。スイセンもそうですが、この手の花は葉の形状が細くスッと伸びていて、ニラなどと近くに植えておくと、誤食の危険が高まります。分けておいたと思っていても、球根が勝手に... Read More
hukujyu hukujyusou hukujyu3

実は毒!?庭にフクジュソウが咲きました!

庭の植物たちを使い倒そう!ともくろんでいるkazenoyaですが(笑、ことフクジュソウだけは、眺める専門。だって、毒があるんですって。フクジュソウは古来から、生薬「福寿草根」としてチンキ剤などで使われていたようですが、全草、強毒のため、一般人が使うことは危険なのだそう。... Read More
hukujyusou simin oomatisakura sunuma sibasakura ayame tutuji sasayuri hasu sizukano2 sizukano1

信濃大町オススメ〝カメラ〟スポット!のんびり「花*散歩」

ここ大町市にも花が楽しめる場所が数多くあります。里山らしい花の景色を楽しむなら、信濃大町はピッタリの場所。元々自生していた野の花を生かして地域の人が手を入れ管理をしている場所や、昔懐かしい風景を再生しようと、今ではなくなってしまった花を植え続けている人がいたり、それぞれの思いが素敵な「花*散歩」スポットを作っています。... Read More