青木湖を見下ろす絶景な長野県道(険道!?)324号線を通ってみた

信州って山道が本当に多いです。

県土の約8割(78%)が森林なのだそうで、北海道、岩手についで全国3番目の面積なんだそうです。

なのでもちろん林道も多いですが、国道や県道と名の付く道でも、結構険しい道も多いです(笑。

そんな中でも今回は、美麻地区から簗場(ヤナバ)へ抜ける県道324号を通ってみました。

「県道青具簗場(停)線」




美麻道の駅のぽかぽかランド美遊駐車場から、JR大糸線簗場(やなば)駅までの道のりです。

途中、砂防設備?遊砂地という、施設がありました。

入口にはバリケード的なものが設置されてましたが、使う申請などすれば、イベントなどに使える場所なのでしょうか?

のんびりぶらぶら立ち寄りながらも約16分ほどで抜けられますが、なり細くて、すれ違いは避けたい雰囲気です。

ですが途中、ゲレンデだった場所を抜ける場所からは、青木湖が見下ろせる絶景ポイントもありました。

身近な地域ですが、今まで一度も通ったことのなかった…いちおう県道(笑。

きっと昔は、当時の美麻村への重要なアクセス道路だったのかも…と思いを馳せつつ。

冬期は通行止めでしょうけど、また別の季節にも通ってみたいなぁと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です