〝おやき〟のイメージを覆す!地元で有名な長野市鬼無里のおやき屋さん「いろは堂」。

旧鬼無里(きなさ)村。現在は長野市鬼無里になっています。

そこにあるおやきの専門店「いろは堂」は、地元では知らない人はいないほどの、有名店です。

今回は贈り物をしようと行ってきました。ちなみにここのおやきは、お店からもネットからも、冷凍で送ることが出来ます。

おやき(お焼き、御焼き)は、小麦粉蕎麦粉などを水で溶いて練り、薄くのばした皮で小豆野菜などで作った(具材)を包み、焼いた食品である[1]。形状は円形で、直径8~10cm程度が一般的。長野県郷土料理として知られる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/おやき

Kazenoya宅からは車で1時間弱。美麻地区の山道抜け〜からの小川村経由、ほとんどずっと山道ドライブコースです(笑。




おやきに良いイメージを持たない、県外の人でも、ここのおやきはおいしくいただける。それぐらい〝別格〟なおやきが、ここ「いろは堂」のおやきです。

私が長野に来たての時は、おばあちゃんがお店番をしているような素朴なお店でしたが、今では別館?カフェもあるような、大きなお店になりました。

当時は「これ形が悪くなったやつ、サービス」といろいろ持ってきてくれて、今でもその名残のサービスが残っています。

個人的なオススメは「かぼちゃ」。メチャウマです。

薄い皮とたっぷりの餡が特徴。春限定の「こごみ」や「ノビル」、秋限定の「舞茸」もオススメ。

ちなみに「鬼無里」は、かな〜りの田舎です(笑。

近くには、農産物直売所と食事処、資料館があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です