実は毒!?庭にフクジュソウが咲きました!

 北のあずみのでも、やっと、遅い春の足音が。

 庭のフクジュソウの開花です。

わが家で咲いた福寿草 2021.2.24

  庭の植物たちを使い倒そう!ともくろんでいるkazenoyaですが(笑、ことフクジュソウだけは、眺める専門。

だって、毒があるんですって。

 フクジュソウは古来から、生薬「福寿草根」としてチンキ剤などで使われていたようですが、全草、強毒のため、一般人が使うことは危険なのだそう。

 ちょっと調べてみましたが、西洋薬の部類?なのか、ロシアやヨーロッパなどで使われていたようで、伝統的な漢方の生薬ではなさそうですね。

 薬効は強心、利尿など。毒性は嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺などで死に至ることもあるのだとか(怖。




 花がパラボラアンテナのような形になっていて、鮮やかな黄色の花弁はキラキラと光っています。

 この光と集めた太陽光の暖かさで虫を呼び集めて受粉するそうで、花蜜もほとんどないんです。面白い花ですね。

 古代ギリシア神話に登場するアネモネはこの、フクジュソウだったという説もあるようで、ギリシア神話には、フクジュソウにまつわる悲しい物語もあるんだとか。「幸せを招く」「永久の幸福」といった、Happyな花言葉とは裏腹な一面もあるようですね。

 春を告げるスプリング・エフェメラル。このフクジュソウが咲くとkazenoyaはいつも、おしりのあたりがモゾモゾ(笑。草花が生い茂る季節が待ち遠しくなります。

 さて、つぎに咲くのは何の花かな。

こちらは2019年に撮影した美麻地区の福寿草園




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です